女性に起こり得るアクシデント|痴漢から身を守る

MENU

女性に起こり得るアクシデント|痴漢から身を守る

 

女性はわいせつ目的の卑劣な犯罪に巻き込まれる可能性があります。それは電車内の痴漢であったり、路上での拉致や強姦があります。出来る限り犯罪を防止し、トラブルに遭ってしまっても被害を最小限に抑える方法を考察します。

 

痴漢をする人物像

 

これまでは痴漢をする人間とは、『いかにも』な人だと思われてきました。ところが昨今では、社会的地位の高い人、まじめな学生やサラリーマンなど、いわゆる一般的な普通の人の痴漢も増えています。

 

痴漢のエスカレート

 

痴漢をする人間は、女性がおとなしいとエスカレートする事があります。「怖いから黙っていた」このような場合は、痴漢を助長する事にもなるので、勇気を出して大きな声を出したり、腕を振り払うなどの反抗をすることが大切です。また、報復の恐れを感じたら、周りの人に助けを求め、警察に突き出します。シッカリ冷静な対処ができるように護身術を習得する事も大切です。

 

卑劣な強姦

 

痴漢よりも更に卑劣な強姦、自らの欲望を満たす為に女性の尊厳を踏みにじる行為は絶対に許してはなりません。まずは、危険個所の把握や一人での夜道は避けるなど、自らの身を守る意識を持ちましょう。そして、襲われてしまった際に適切な対処ができるように護身術を身に付けます。

 

精神的タフさ

 

襲われた際に、被害を最小限にとどめ、大声を出して助けを呼んだり、離脱する為には冷静な判断力が必要になります。最も重要な事は精神的なタフさにあるとも言えます。

 

護身グッズ

 

護身グッズは、意外に手に入れやすいので、普段から持ち歩くのも一つの方法です。使用しなくても携帯しているだけで、精神的な余裕を持つことができます。※護身グッズは必要以上に相手を傷つける可能性もあり、使用は自己責任になるので気を付けましょう。

 

【楽天市場】護身用スタンガン

関連ページ

電車内|痴漢から身を守る護身術
電車内の痴漢の被害はすくなくありません。満員電車内での単独痴漢、集団痴漢、これら卑劣な痴漢行為から身を守る護身術を考察します。
暴漢に襲われた|痴漢から身を守る護身術
正面から背後から、女性が暴漢に襲われた際の対処法を考察します。腕力で敵わない相手の場合、体の動きを制御される事が最も危険です。制御される前にどのような対処法があるのか?制御された場合の離脱の方法は?暴漢から身を守る護身術を考えます。