痴漢から身を守る護身術

MENU

痴漢から身を守る護身術記事一覧

女性はわいせつ目的の卑劣な犯罪に巻き込まれる可能性があります。それは電車内の痴漢であったり、路上での拉致や強姦があります。出来る限り犯罪を防止し、トラブルに遭ってしまっても被害を最小限に抑える方法を考察します。痴漢をする人物像これまでは痴漢をする人間とは、『いかにも』な人だと思われてきました。ところが昨今では、社会的地位の高い人、まじめな学生やサラリーマンなど、いわゆる一般的な普通の人の痴漢も増え...

電車内の痴漢の被害はすくなくありません。満員電車内での単独痴漢、集団痴漢、これら卑劣な痴漢行為から身を守る護身術を考察します。声を出す痴漢に遭ったとき「怖くて声を出す事も出来なかった」このように語る女性がとても多いです。これは、予想だにしないトラブルに対して頭の中がパニックになってしまい、何も行動がとれなくなってしまうからです。何も抵抗しない事はとても危険で、痴漢行為がエスカレートする可能性が高く...

正面から背後から、女性が暴漢に襲われた際の対処法を考察します。腕力で敵わない相手の場合、体の動きを制御される事が最も危険です。制御される前にどのような対処法があるのか?制御された場合の離脱の方法は?暴漢から身を守る護身術を考えます。髪を掴まれた女性にとって大切な髪は、強姦に襲われた時に弱点となってしまいます。長ければ長いほどその危険性は増し、掴まれてしまうと痛みが走るだけではなく、体の身体の動きが...