床に倒された時|屋内の護身術

MENU

床に倒された時|屋内の護身術

 

床に倒された時は非常に危険な状況となります。更に馬乗りされた、いわゆるマウントポジションを取られた場合、相手の攻撃をかわしたり、離脱は容易ではなく、究極のピンチを迎えたと言えます。

 

マウントポジションからの離脱は、高度な護身術が必要となり、実践は簡単ではありません。しかし、理論を知るだけでも大きな力となるので、まずは正しい知識を身に付けたいものです。

 

馬乗りからの脱出

 

相手に馬乗りされたら、一方的に打撃を受ける恐れがあり、脱出する事は非常に困難です。まず、大前提として、馬乗りは最も危ないという事を知っておきます。馬乗りされてしまったら、パンチの連打を食らう前に腰の跳ね上げのディフェンスで相手の体制を崩し、離脱する術を覚えておきたいところです。

 

馬乗りからヘッドロックをされた時

 

相手が格闘に不慣れな場合、マウントポジションからヘッドロックをしてくる場合があります。ヘッドロックはスタミナを消耗させられるので、素早く体を反転させ、一刻もはやく攻守逆転させます。

 

馬乗りから首を絞められた時

 

相手に明らかな殺意がある場合、馬乗りから首を絞めラレル可能性が高いです。とても危険な状態なので、チョークを外し瞬時に体制を逆転させる護身法を知る必要があります。

 

横からヘッドロックをされた時

 

横からのヘッドロックは、やはり多くあり得るケースです。自分自身、腕や下半身は動かせる状態なので、まずは冷静になり、顎を引き相手からの打撃に備えます。細かいテクニックですが、離脱する方法があるので、体を入れ替え攻守を逆転させます。

 

横から首を絞められた時

 

横から首を絞められたとき、まず考える事は、そのままマウントポジションに移行させない事です。横から首を絞めてくるという事は、格闘の素人の可能性が高いので、まず自分が冷静になり、腕を捕る形で相手を倒します。

関連ページ

起こり得るアクシデント
【護身術】アクシデントは路上だけとは限りません。飲食店・公共施設・自宅など、屋内でのアクシデントも多々あります。また、室内でのアクシデントの場合、行動範囲が狭まるので、思うように護身術を駆使したり、逃げ場が限定される事もあります。
襲われた時
【護身術】屋内でのアクシデントは、不意に攻撃される事があります。また、屋内では運動範囲が限られるために、パンチやキックなどの長距離攻撃よりも、首を絞められたり、ヘッドロックを掛けられるなどの接近戦が考えれられます。