襲われた時|屋内アクシデント

MENU

襲われた時|屋内の護身術

 

屋内でのアクシデントは、不意に攻撃される事があります。また、屋内では運動範囲が限られるために、パンチやキックなどの長距離攻撃よりも、首を絞められたり、ヘッドロックを掛けられるなどの接近戦が考えれられます。

 

接近戦の技を掛けられた場合、離脱する事は簡単ではありません。離脱の方法と反撃の手段は、護身術のテクニックを知っておく事で可能になります。

 

背後から首を絞められた

 

必然的に狭い範囲では接近戦となる事が考えらえるので、接近戦の護身術テクニックを知る必要があります。死角である背後から首を絞められた場合、そのまま前方に押し付けられる可能性があり、不利な状況を抜けられなくなる恐れがあります。首を絞められたら、相手が前方に押し付ける際の踏み込む足に合わせ横に離脱し、そのまま攻撃に転じるのが有効です。

 

横からのヘッドロック

 

横からのヘッドロックはオーソドックスな接近攻撃と言えます。しかし、相手の動きを止め、視界も狭めることになるので、掛けられるととても不利な状況となります。離脱は簡単ではないので、まずは顎を引き、頭部の露出を減らします。そして、相手の急所を容赦なく攻め、離脱と同時に攻撃に転じます。

 

背後からのヘッドロック

 

背後からのヘッドロックは不意に掛けられることが考えらえます。チョークの効果もアリ、体勢が固まってしまうと離脱は困難になります。背後からのヘッドロックされたら速やかに相手のグリップを下げ、体を反転させます。チョークの解除を第一に考えます。

関連ページ

起こり得るアクシデント
【護身術】アクシデントは路上だけとは限りません。飲食店・公共施設・自宅など、屋内でのアクシデントも多々あります。また、室内でのアクシデントの場合、行動範囲が狭まるので、思うように護身術を駆使したり、逃げ場が限定される事もあります。
床に倒された時
床に倒された時は非常に危険な状況となります。更に馬乗りされた、いわゆるマウントポジションを取られた場合、相手の攻撃をかわしたり、離脱は容易ではなく、究極のピンチを迎えたと言えます。