屋内アクシデント|身を守る護身術

MENU

屋内アクシデント|身を守る護身術記事一覧

アクシデントは路上だけとは限りません。飲食店・公共施設・自宅など、屋内でのアクシデントも多々あります。また、室内でのアクシデントの場合、行動範囲が狭まるので、思うように護身術を駆使したり、逃げ場が限定される事もあります。逃げ場の確保屋内でのアクシデントは冷静な対処法が必要になります。屋内でのアクシデントは、相手が顔見知り、友人、家族間の可能性もあります。屋内では当事者同士しかいない場合があるので、...

屋内でのアクシデントは、不意に攻撃される事があります。また、屋内では運動範囲が限られるために、パンチやキックなどの長距離攻撃よりも、首を絞められたり、ヘッドロックを掛けられるなどの接近戦が考えれられます。接近戦の技を掛けられた場合、離脱する事は簡単ではありません。離脱の方法と反撃の手段は、護身術のテクニックを知っておく事で可能になります。背後から首を絞められた必然的に狭い範囲では接近戦となる事が考...

床に倒された時は非常に危険な状況となります。更に馬乗りされた、いわゆるマウントポジションを取られた場合、相手の攻撃をかわしたり、離脱は容易ではなく、究極のピンチを迎えたと言えます。マウントポジションからの離脱は、高度な護身術が必要となり、実践は簡単ではありません。しかし、理論を知るだけでも大きな力となるので、まずは正しい知識を身に付けたいものです。馬乗りからの脱出相手に馬乗りされたら、一方的に打撃...