ひったくりへの対処|路上での護身術

MENU

ひったくりへの対処|路上での護身術

 

路上のアクシデントの中でも多い事例がひったくりです。金品を直接狙うひったくり犯は、正しい対処法で追い払います。直接金品を狙ってくるので、危害を与えることを目的とはしていませんが、対応を誤ると危害を加えられることもあります。

 

ひったくりの対応で間違えやすいのが、引っ張り合いになってしまう事です。例えばバッグを奪われそうになり引っ張り合いになった場合、相手の腕力が強ければ負けてしまします。ひったくりに遭った場合は、引っ張り合いになる事は避けましょう。

 

ひったくりに合った場合の対処法は、相手の力に逆らわずに、懐に飛び込み、急所に打撃を与えることです。的確に打撃を与えることで、相手は怯み、たいていのひったくり犯は逃走します。

 

バッグを引っ張られた瞬間に、状況を冷静に判断し、相手が引っ張る力を利用して懐に飛び込み、掌底・エルボー・ローキックで急所を責めます。ひったくり犯がひるんだすきにバッグを確保し距離を取ります。

関連ページ

起こり得るアクシデント
【護身術】外国と比べると格段に治安の良い日本ですが、路上でアクシデントに巻き込まれる可能性は低くはありません。大なり小なり、路上で揉め事を経験したり、揉め事に出くわした事があるのではないでしょうか?
正面からの攻撃
【護身術】相手が正面からの攻撃の為に急接近してきた場合の対処法を考察します。護身する為には、常に相手との間合いを測る必要があります。
掴まれたとき
【護身術】路上でのトラブルが格闘に発展してしまった場合、パンチやキック等と同様に取っ組み合いになる事が考えられます。頭に血が上った相手は、冷静な打撃系の攻撃よりも掴みかかる可能性が高くなる事も想定しなければいけません。掴まれたのちに不利な体勢になる前に、掴まれた場合の対処法、護身術をしっかりと身に付けたいところです。