ひったくりへの対処

ひったくりへの対処|路上での護身術

 

路上のアクシデントの中でも多い事例がひったくりです。金品を直接狙うひったくり犯は、正しい対処法で追い払います。直接金品を狙ってくるので、危害を与えることを目的とはしていませんが、対応を誤ると危害を加えられることもあります。

 

ひったくりの対応で間違えやすいのが、引っ張り合いになってしまう事です。例えばバッグを奪われそうになり引っ張り合いになった場合、相手の腕力が強ければ負けてしまします。ひったくりに遭った場合は、引っ張り合いになる事は避けましょう。

 

ひったくりに合った場合の対処法は、相手の力に逆らわずに、懐に飛び込み、急所に打撃を与えることです。的確に打撃を与えることで、相手は怯み、たいていのひったくり犯は逃走します。

 

バッグを引っ張られた瞬間に、状況を冷静に判断し、相手が引っ張る力を利用して懐に飛び込み、掌底・エルボー・ローキックで急所を責めます。ひったくり犯がひるんだすきにバッグを確保し距離を取ります。