正面からの攻撃|路上での護身術

MENU

正面からの攻撃|路上での護身術

 

相手が正面からの攻撃の為に急接近してきた場合の対処法を考察します。護身する為には、常に相手との間合いを測る必要があります。相手が急接近してきた場合は、間合いを取る為に下がる事も考えられますが、相手が調子に乗る可能性があるので、喉元等の急所を押し返す事で、相手を怯ませることができます。

 

押し返す事はケンカの防止に効果的ですが、それでも相手が接近してきたら急所を頭部や股間等の急所を狙っていきます。

 

ストレートパンチ

 

格闘となった時に、相手の攻撃の可能性が最も高いのが、顔面を狙ったストレートパンチです。対処法としては、ガードブロックよりも身のこなしでかわすようにします。掌を使い、相手のパンチを横に流します。

 

フックやアッパー

 

フックやアッパーは、パンチ自体が大振りなのでリスクを伴います。フックやアッパーを振ってくる相手は、ケンカ慣れしていない可能性がありますが、一撃必殺の威力を持っているので油断はできません。フックであれば、内から外へのディフェンス、アッパーであれば、相手の身体の内へ流すようにディフェンスします。

 

前蹴り

 

ケンカになりそうな時に、最も気を付けなければいけない事が、不意打ちで先手を取られる事です。前蹴りはパンチよりもリーチが長いので、前蹴りも考慮に入れて間合いを取る必要があります。また、前蹴りをかわす際は蹴りの軌道から素早く外れることです。

 

ローキック

 

ハイキックは威力が高いがリスクが伴うために、使いこなしているのなら格闘慣れしていると考えます。通常では、キックはローキックが多いので、しっかりと対処する術を習得します。基本的には相手ののキックに、脛で対処する方法です。つま先を上げることで自分の脛を守りながらガードできます。また、一度しっかりとガードできると、相手は警戒してローキックが出しづらくなります。

関連ページ

起こり得るアクシデント
【護身術】外国と比べると格段に治安の良い日本ですが、路上でアクシデントに巻き込まれる可能性は低くはありません。大なり小なり、路上で揉め事を経験したり、揉め事に出くわした事があるのではないでしょうか?
掴まれたとき
【護身術】路上でのトラブルが格闘に発展してしまった場合、パンチやキック等と同様に取っ組み合いになる事が考えられます。頭に血が上った相手は、冷静な打撃系の攻撃よりも掴みかかる可能性が高くなる事も想定しなければいけません。掴まれたのちに不利な体勢になる前に、掴まれた場合の対処法、護身術をしっかりと身に付けたいところです。
ひったくりへの対処
路上のアクシデントの中でも多い事例がひったくりです。金品を直接狙うひったくり犯は、正しい対処法で追い払います。直接金品を狙ってくるので、危害を与えることを目的とはしていませんが、対応を誤ると危害を加えられることもあります。