起こり得るアクシデント|路上での護身術

MENU

起こり得るアクシデント|路上での護身術

 

起こり得るアクシデント

外国と比べると格段に治安の良い日本ですが、路上でアクシデントに巻き込まれる可能性は低くはありません。大なり小なり、路上で揉め事を経験したり、揉め事に出くわした事があるのではないでしょうか?

 

また近年の日本は、これまでの日本の価値観が崩壊し、『個性という名の身勝手』が良しとされる風潮になっています。このままでは、せっかく民度が高いと言われる日本人の劣化に繋がる恐れがあります。

 

その証拠に、これまではあまり耳にすることが無かった身勝手な事件や理解不能な事件が多発しています。当然、個々の単位でも路上でアクシデントに繋がる可能性は高まってしまうでしょう。

 

日本国の民度の向上は、教育やマスコミにあり、これは国に任せる他ありません。では、我々は路上アクシデントに巻き込まれない為の手段や巻き込まれた際の対処法を個々に考える必要があります。『自己防衛手段』を今一度見つめ直していきます。

 

暴行事件

 

日常的に起こっているのが暴行事件です。マナーを注意したら逆上されたり、飲酒によって内面の不満が噴出するなど、暴行の理由は些細な事が多く、思いやりの欠如が原因とも言えます。また、暴行事件は若者が多いのではなく、一般の中高年に増えているのも特徴です。

 

殺人事件

 

暴行事件から凶器を用い殺人事件に発展する事があります。また、護身のつもりが勢い余り相手の命を奪う事もあります。そもそも、最初から殺意がある場合もあります。まず、自分が戦闘の意思を持っていない事を表し、とにかく離脱する事を第一と考え、護身術は最終手段と認識しておきます。

 

強盗事件

 

金品の強盗は年々凶悪化しています。最初から相手を傷つける事を厭わない場合も多いので、戦う心構えが必要になるでしょう。できるだけ、自分の身を守りつつ、離脱の方法を考えます。

 

通り魔事件

 

無差別殺傷事件などの場合、本気の護身術が必要になります。相手が錯乱している事もあるので、まともに取り合う事も出ない事もあります。確実な護身術の習得と、日ごろのトレーニングも大切になるでしょう。凶悪な事件から自分の身を守る事は勿論、自分に力があれば周りの人を助けることも可能になるでしょう。

関連ページ

正面からの攻撃
【護身術】相手が正面からの攻撃の為に急接近してきた場合の対処法を考察します。護身する為には、常に相手との間合いを測る必要があります。
掴まれたとき
【護身術】路上でのトラブルが格闘に発展してしまった場合、パンチやキック等と同様に取っ組み合いになる事が考えられます。頭に血が上った相手は、冷静な打撃系の攻撃よりも掴みかかる可能性が高くなる事も想定しなければいけません。掴まれたのちに不利な体勢になる前に、掴まれた場合の対処法、護身術をしっかりと身に付けたいところです。
ひったくりへの対処
路上のアクシデントの中でも多い事例がひったくりです。金品を直接狙うひったくり犯は、正しい対処法で追い払います。直接金品を狙ってくるので、危害を与えることを目的とはしていませんが、対応を誤ると危害を加えられることもあります。